検索

補酵素は酵素のベストサポーター

cvijq9abanyf5yz酵素には補酵素と言う存在も含まれています。
読んで字のごとく、酵素を補助する役割のある補酵素です。
補酵素とはどのような役割と性質をもっているのでしょうか。

■補酵素の役割と性質

補酵素は、生物の生命維持に欠かせない酵素の働きを助けると言う性質があります。
補酵素の多くはビタミンで、主にたんぱく質で作られている酵素にとって大切なものです。
酵素の多くは、補酵素と結びつく事により、人の体内の化学反応スピードを促進する事が出来、補酵素無くしては、単体では活動出来ない酵素も多いと言われています。
酵素の多くは、酵素と補酵素と、その基になる基質が揃う事によって化学反応を起こす事が出来ると言われています。

酵素と補酵素は、必要に応じて接触したり分離したりしています。
酵素と分離しにくい補酵素もありますが、基本的にはそれぞれがバラバラの状態で体内に存在しています。
補酵素は、反応に必要な時だけ、必要な材料や反応により生成された物質を体内に運ぶ役割も担っています。

酵素のたんぱく質は熱に弱い半面、補酵素は熱に強い性質を持っています。
酵素も補酵素も化学反応の前後では変化する事は無く、1度反応を起こしたら、次の反応を進めてくれる作用があります。

このように、補酵素は、酵素には必要不可欠なサポーター的存在です。
主にビタミンB群を中心に食事やサプリメント等で積極的に摂取する事が望ましく、酵素のサプリと、マルチビタミン等を組み合わせるのも良いと言われています。

ページ上に戻る